スーパー耐久とは、JAF制定の”N1規定”をもとに、厳格なチューニング制限のもと行われる公式レースです! もともとは完全なるN1規定のもとで行われたレースですが、各メーカー参戦により、エアロパーツや公認部品の取付を認めたため、N1規定を超えた”スーパーN1”的なカテゴリで行われる様になりました。 現在、全国各地の47ものショップが参戦しており、特に弊社が参戦している”ST-4”クラスの参加台数は15台と、最も熱いクラスになっております。 また、チューニング内容が限られるため、大手メーカー直系のチューニングショップの参戦は無く、お客様との距離が近い私たちの様なチューニングショップがおおく参加しております。 ピット作業も様々なルールが有り、タイヤ交換要員は2人で車両に直接触れることの出来る要員は4人まで、バックギヤの使用禁止や燃料補給とその他作業の同時進行禁止・更にルール違反にはタイムロスに繋がるピットスルー等の罰則があるといったとてもユニークな内容です。 1レースは2時間から4時間の耐久レースであり、予選と決勝が行われます。 ドライバーは2人~3人が認められ、 国内A級ライセンスを保有している事が条件です。また、1レースに2回以上のピットインが義務付けられており、
ドライバー交代や給油のタイミングが勝負の決め手となります。このスーパー耐久は年間6戦、北は東北”スポーツ
ランドSUGO”南は九州”オートポリス”まで、選択制では有りますが、海外のセパンサーキットまで出向く事も有り
ます。来年以降更に海外開催が多くなるという情報もあり、今後の展開が大注目のレースです!!